寝かしつけでイライラしたくない!1歳児ネントレ体験談と生活の変化について!

子育て情報
スポンサーリンク

子どもの寝かしつけ、可愛いはずの我が子なのに、イライラして苦痛な時間になっていませんか?

我が家は夫の帰りが遅いため寝かしつけも毎日私。
おめめぱっちりで全然寝ない娘にイライラが止まらず、怒りをぶつけながら必死でやっていました。

このままじゃ子どもに悪影響がありそう…と不安になってきた頃、ネントレの存在を知りました!

ネントレを実践して成果が出た今は、

「じゃーねー、おやすみ!」

と、部屋を後にして自由時間を満喫できるようになりました(*^▽^*)♪

子どもは1人で寝れるという自信につながり、ママは自分の時間を持てるようになり、双方にいい影響があるものだと実感しています!

今回は、我が家が実践したネントレの方法や、体験談・生活の変化をご紹介していきたいと思います!

同じ悩みを持った方に、少しでも参考になれば嬉しいです♪

スポンサーリンク

寝かしつけでイライラしてしまう原因

自分の思うようにいかなくてイライラしてしまいますよね”(-“”-)”

相手が1人の人間で、思い通りに行ってくれるものではないと頭ではわかっているんです。

可愛い我が子なのに、毎日毎晩だと段々と疲れて嫌になってしまいます。

子どもの生活リズムを乱したくない

子どもの生活リズムを整えてあげるのは親の役目で重要なことの1つだと思います。

ママが生活リズムを崩さないために、「〇時だよ、寝るよー」って言うのです。

それなのに、元気いっぱい布団の上を歩いていたり、転がりまくったり、全く寝る気配がないと途方にくれてしまいます。

残っている家事を片付けたい

子どもの寝かしつけをするまでに、全ての家事を終えていることってなかなか難しくないですか?!

夕飯の茶碗がシンクに残っていて、明日の準備もしないといけなくて、洗濯物も干したままだったりして・・・

子どもが早く寝てくれれば、早く家事を終わらせてすっきりできるのに!

その気持ちから、イライラに繋がってしまいます。

子どもが寝た後の自由時間を満喫したい

ママの自由時間って、本当に少ないと思いませんか!?

子どもが寝た後の時間、これは貴重な時間なんです!

だから早く寝てほしくて、寝ない子どもにイライラしてしまうんですよね(;’∀’)

寝落ちして朝を迎えた時のショック

子どもが寝る前に寝てしまう、寝た振りをしていたらそのまま寝ていた。

これ、起きた時の衝撃って半端じゃないですよね((+_+))

寝たのは自分で、子どものせいじゃないのに、「あぁ~。何にもできなかった」と悲しくもありガッカリしてしまうこと、よくありました。

ガッツリ寝ているので、体は元気になっていたりしますが(笑)

寝かしつけの方法

私の寝かしつけ方法はこうでした。

  1. 一緒に布団に入る
  2. 好きな絵本を選ばせて、絵本タイム
  3. 「さー寝るよ」と一緒に転がり、電気を消す

1歳頃まではこれで寝てくれていました。

が、自分で電気を付けることを覚えてしまってからは・・・

  1. 一緒に布団に入る
  2. 好きな絵本を選ばせて、絵本タイム
  3. 「さー寝るよ」と一緒に転がり、電気を消す
  4. 子どもに電気を付けられる
  5. ママにちょっかいをだしてくる
  6. 相手をしていると余計にやってくるので、寝た振りをする
  7. 寝た振りをしながら子どもの様子を伺うも、ママ爆睡
  8. パパの帰宅で起床 or 朝まで寝てしまう(>_<)

自分の時間が取れない日が続き、イライラがMAX。 寝る時間になると憂鬱で仕方なかったです。

今日は寝てくれと祈るように布団に入っていました。

ネントレの方法

こんな毎晩じゃいけないなと、知人から教えてもらったネントレを実践することにしました。

方法は、こうです。

ねんね前のルーティーンを決める!

こうしたら寝るんだなって、子どもがわかってくれるように毎日続けるものです。

私の場合は、

  1. お風呂
  2. 水分補給
  3. 絵本タイム(好きな本を1~3冊)
  4. 子守歌
  5. 「ママは隣の部屋にいるから、○○ちゃん1人でねんねしようね♪ 明日もいっぱい遊ぼうね!おやすみー(*^▽^*)」と笑顔で部屋を出る

の順番にしました。日によって順番が変わる事も、絵本タイムないこともありますが、

とにかく決めたら実践してみる事です!

起きる・昼寝・夜寝る時間を決める

時間を決めて、それ通りにできるようママが頑張ります。

私の場合は
・ 7:00~ 7:30の間に起こす
・13:00~13:30の間に昼寝に入る(昼寝は15時まで!)
・19:00~19:30の間に布団に入る

毎日必ず同じようにとはいきませんが、これを守れるように行動する癖を付けて行きます。

ネントレ実践編

上記で決めたことを実践しました。

初日はママが部屋を出てから号泣・・・叫び声が聞こえているのに聞こえないふりを。

カナリ罪悪感があり、行こうかなと何度も思いました(:_;)

それでも”行ったところでまた出てくるんだから”と、強い気持ちで少し様子を見る事にしました。

娘の場合は、30分泣き続けた後静かに。(静かになると大丈夫か更に心配になりましたが)

1時間経過してから恐る恐る部屋を覗くと、爆睡している姿が!!!!

泣き疲れて寝た感じですが、とりあえず成功!!!!

これをまずは1週間続けてみようと思い、実践を繰り返しました。

ネントレ成果が出てきた! 快適な生活が待っていた♪

娘の場合、
2日目が15分号泣して就寝
3日目は泣かずに就寝とスムーズに進みました。

よくよく思い返してみると、ママが隣にいるのが気になって一生懸命話しかけたりしていたんだなと気付きました。

ネントレの最初は泣きながらバイバイでしたが、日が経つにつれ喜んでバイバイしているように見えます。

娘は快適な一人の眠りを、ママは家事や趣味の時間を獲得することができ、お互いよい環境になれました(*^▽^*)!!

我が家の場合、ネントレを始めて1人で寝られるようになっても、

  • ママが疲れすぎて一緒に寝てしまう日
  • 「ママ抱っこ―」と甘えん坊の日
  • 悲しそうに泣き止まない時   などは寝るまで傍にいるようにしています。

ネントレを始めたから絶対一緒に寝ないぞ!なんて固くなる必要はないかなと思うので、家庭の状況や子供の様子、ママの心境で変化させながら取り入れるのがいいのではないかと思っています(^^♪

ネントレの口コミ

ネントレの評判を調べてみました。

良い口コミ

  • 子どもの自立に繋がる
  • 1人で寝られると、子ども自身が楽
  • ママの時間的・精神的余裕が持てる

悪い口コミ

  • 号泣させてまで1人で寝かせるのが可哀そう
  • ママが耐えられず断念した
  • いつか1人で寝るようになるんだからトレーニングは必要ないのではないか

ネントレには賛否両論あります。

どちらの口コミも理解できます。 ママが楽な方で選択していいと思います。

だって、ママが笑顔でいられることが子育てにおいて何よりも重要だと感じているからです♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

我が家のネントレの方法や実践した体験談をご紹介しました。

娘が寝なくてイライラしてしまう自分がとても嫌だったので、ネントレに挑戦してよかったと思っています。 娘にとっても、快適な睡眠ができるようになって良かったのだと感じています。

慣れるまでカナリ心が痛いですが、慣れた後の姿を想像して乗り切って頂きたいです♪

もちろん、一緒に寝るのが幸せ~♪なママはそのままで全然いいと思います(^o^)/

それぞれの家庭の状況や、親子の状況に合わせるのが1番ですね♪

ネントレしたい方の参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました