あけぼの子どもの森公園は1歳の子連れで楽しめる?口コミや体験談を紹介!

関東のお出掛け情報
スポンサーリンク

【トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園】に1歳の子どもと遊びに行ってきました!

なんと、あけぼの子どもの森公園は【自然あり、室内あり、絵本あり】で利用は無料

無料で楽しめてステキ~と、何度も遊びに行っています(^o^)丿

あけぼの子どもの森公園を1歳児と利用、我が家は楽しめましたよ♪

楽しかったところや楽しむコツも紹介していきますね!

スポンサーリンク

あけぼの子どもの森公園は1歳でも楽しめる♪

あけぼの子どもの森公園の中は坂道だったり、小川が流れていたり、草や花が咲いていたり歩いているだけで刺激がいっぱい!

我が子は色々なものが気になりなかなか前に進みません(笑)

水の流れを見て指を入れてみたり、石を見つけて拾ってみたり、カマキリを見つけて指さして教えてくれたり子供の目線まで下がって見てみると、自分が見ている景色とは違ってみえるので不思議です(^^♪

あけぼの子どもの森公園 メインは3つの建物

どの施設も無料で入ることができます!

靴を脱いで入るので、ちょっとしたリフレッシュにもなります♪

きのこの家

ムーミン屋敷とは違うけれど、不思議な空間には仕掛けもいっぱいで探検したくなります!

こちらの施設、もっと大きい子どもの方が探検して楽しいとは思います!

それでも扉を開けてみたり、窓から景色を眺めてみたり、1歳の子どもでも楽しんでいましたよ(*^▽^*)

らせん状の階段を登って行くのも楽しいです♪
1歳児を1人で登らせるのは危険です! 更に靴下だと滑りやすいので、抱っこしながら登る場合は注意して下さいね!
私は一段滑りヒヤッとしましたので(;^_^A

子ども劇場

イベントが開催されることもある広場です。
我が家が行った時は手作りおもちゃがさり気なく置かれていました。

広い空間ですが、子どもは走ったり転がったり楽しそう♪

ここで大人も足を延ばして休憩してみたりして♪ まったりしたくなるけど飲食は禁止です!

森の家

こちらは1階がムーミンの展示がいくつか置かれています。

2階に上がると絵本コーナーになっていて、ムーミンの絵本や赤ちゃん向けの絵本があります。

あまり広い空間ではありませんが、無料で遊べる公園の中の施設と考えるととっても贅沢な空間だと思います(^o^)丿

我が子は絵本大好きなので、次から次へと引っ張り出して楽しい時間を過ごせました♪

あけぼの子どもの森公園に遊具はない! 散歩したくなるスポットが多い♪

公園と言えばブランコや滑り台ですよね!

あけぼの子どもの森公園は、そういった遊具は一切ありません。

コンセプトに
【子どもも、大人も、生き物も、草花も。それぞれがお互いを受け入れ、自由に時間を過ごす。】

というのがあるので、遊具という道具を使わず、自分で考えて遊ぶ、そんな公園なんですね♪

峠の小川

門が開かれている入口に立つと、見上げるように坂道になっていて、横には流れがあります。

1歳の子どもには少し坂道がキツイように感じますが、水の流れを楽しみながら登ります。

紅葉の季節には、木々が黄色やオレンジに染まってとっても綺麗♪

道は整備されていて綺麗なので、小さな子でも歩きやすいですよ♪

とんがり屋根の水あび小屋

階段・橋の先に小屋があります。

中からはきのこの家が見えたり、反対側は池や木々が見る事ができてとても綺麗♪

子どもは窓(ガラスなし)から見える景色を楽しんでいました♪
ちょうど子どもが立って外が見える位置に窓があるので、自分で見れるのが楽しそうでした。

この小屋の中には何も置いてありません。イス等もなく、ただ入れる空間です。

水と緑が美しい

本当に自然がたくさんのあけぼの子どもの森公園! 何と言っても景色が綺麗♪

公園の中に流れている小川は、手足を入れて遊べますし、眺めているだけで癒されます。

草木もしっかり整備されていて、職員の方が掃除をしている姿もよく見かけるので、公園自体が綺麗に保たれているように感じます。

季節ごとの自然も楽しめるあけぼの子どもの森公園は、カメラを片手に公園を訪れる人もたくさんいます!

レストランや休憩スペースは?

【公園内に唯一あるレストラン】 「CAFE PUISTO(カフェプイスト)」

北欧料理のオープンサンドがメイン。スムージーやデザートもあり、テイクアウトも可能です。キッズプレートも用意されていますので、なんでも食べる子なら親子で一緒に食べることもできます。

天気の良い日は、外の席でまったり食べるのも優雅な時間が過ごせそうです!

【休憩スペース】
イベント広場の横手に、屋根付きのスペースがあります。レジャーシートを広げてお弁当を食べるのに丁度よいスペースです。

他には、公園内にいくつも設置されている変わった形のベンチや、広場にレジャーシートを敷いて持参したお弁当を食べたりおやつをつまんだりできます♪

テントは禁止されていますので、持って行っても使えません。

土日祝日はライトアップも!

2019年から始まったライトアップ。

日没から21時まで点灯されていて、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます!

12月に訪問した際には16:30頃点灯となっていたので、小さな子どもと一緒でも
見ていく事は可能かなと思います(^o^)丿

あけぼの子どもの森公園へ遊びに行く際のポイント

楽しく遊ぶためにも、事前準備は欠かせませんよね♪

実際に遊びに行った経験を踏まえ、ポイントをいくつか紹介したいと思います(^o^)丿

服装や持ち物は?

【服装】
公園ですから、汚れてもいい恰好・動きやすい服装は絶対です!

土や草の斜面を登りたがる子も多いと思うので、大人も動きやすい服・靴で行くことをお勧めします。

建物の中に入る際には靴を脱ぐので、着脱しやすい靴を選ぶこともポイントです!

【持ち物】
自然が多く虫もたくさんいるので、夏場は虫よけ必須! 蚊の対策もしておいた方がいいですね。

ボールやフリスビー、バドミントン等の遊具は使用禁止になっています!
公園だからと色々持って行っても使えないので置いていきましょう。

ベビーカーは利用可能?

利用は可能です!

可能ですが、坂道あり、砂利道あり、階段ありなので、全部の場所をスムーズに走れる訳ではありません。

ベビーカーで行かれる方は気合が少しの気合が必要だと思います!

そして、ベビーカーで行けないところもあるので、抱っこ紐はあった方が動きやすいかと思います(^^♪

授乳室はある?

常に使える”授乳室”はありません。

授乳したい場合は、事務所に声を掛けることで授乳できる場所を貸してくれます!

全く無い訳ではないので安心ですが、声を掛けないといけないという点で不便を感じる方はいるかもしれませんね。

オムツ替えシートや子供用のトイレは?

【オムツ替えシート】
子ども劇場の1階にトイレがあり、そこにオムツ替えシートはあります。

【子供用のトイレ】
公園内にはありません。

あけぼの子どもの森公園の混雑状況は?

休日は混む傾向にありますが、平日は割と空いています。

平日でも時期によっては、遠足でたくさんの園児がいて賑わっていることがありますが、
遊具で遊ぶ公園ではないため、遊具待ちになったり、混みすぎていて乗れない等はありません。

建物の中に入るのが一緒になってしまうと、自分の靴がどこにあるかもわからないくらいの大混雑になってしまうタイミングはあるかもしれません(;^_^A

駐車場は無料?混雑状況は?

駐車場も無料です! こちらの公園、駐車場も公園自体も無料なのでとっても有難い♪♪

駐車場は市民体育館・野球場・ホッケー場と兼用になるため、大会等が行われる場合は混雑します。

休日も混雑するので、駐車スペースではない部分にも車が停めてあるほど。

平日に訪れる場合は、問題なく停められることがほとんどです。

暑い時期には水遊びもできる

公園内には小さな川が流れていたり、流れがあったり、子どもが黙っていませんね(笑)

暑い時期は、靴を脱いでジャブジャブと遊ぶ子供の姿が目に留まります。

小川は浅いので、溺れてしまう心配は少ないと思います。
それでも小さなお子様は何をするかわかりませんから、目を離さないようにしましょう!!

遊び足りない子には、向かい側の阿須運動公園へ

道路を挟んだ向かい側に、遊具がたくさんある【阿須運動公園】があります。

滑り台や砂場、ブランコなどたっぷり遊ぶことができます!

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園から阿須運動公園までは徒歩6分程。

小さな子どもを連れて歩くとなると、10分以上掛かるかと思います。

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園の口コミ

口コミを調べてみると、楽しかった、また来たい等の口コミがとても多かったです♪

  • お弁当を持ってピクニックに最適!
  • 小さい子どもも自然に触れられて楽しそうだった!
  • 北欧風の建物がよかった♪中はからくりがたくさんで、子どもが楽しそうに遊んでいた
  • 写真を撮るのが楽しい!
  • これで無料なんてビックリ

逆に物足りなかったという口コミでは

  • 公園自体は広くないので、子どもが遊び足りなかった
  • ムーミンがもっといるのかと思った

等がありました。

訪れる子どもの年齢や遊び方によっては物足りなく感じるケースもあるようですね。

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園とは?

無料の公園とは思えないほど、キレイで居心地の良い公園です!

その空間はトーベヤンソンの想いが込められたもので、大人から子どもまで誰でも楽しめるようになっています。

ゆったりとした時間を過ごせる公園です♪

爽やかな風や
木漏れ日を感じながら、
誰もがそれぞれくつろげる空間です。

平成9年の開園から20年を過ぎてもなお、
たくさんの人に世代を超えて愛される、
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園。
この公園は、北欧の童話作家として有名な
トーベ・ヤンソンとの 手紙の
やり取りから生まれました。

トーベ・ヤンソンの想いは、
公園内のいろいろな処にちりばめられています。
子どもも、大人も、生き物も、草花も。
それぞれがお互いを受け入れ、自由に時間を過ごす。
そんな空間が、トーベ・ヤンソンあけぼの
子どもの森公園です。

引用元:https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

トーベヤンソンはどんな人?

1914年8月9日、フィンランドの芸術一家に生まれる。

15歳の頃からイラストレーターとして活動し、1945年に「小さなトロールと大きな洪水」がムーミンシリーズ最初の作品として発表されました。

ムーミンシリーズの小説や絵本の他にも、多くの分野で作家として称賛されているフィンランドが生んだ偉大な作家です。

基本情報、アクセス

【名  称】トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
【開園時間】9:00~17:00
【休 園 日】月曜日(月曜が祝日の場合は、翌日の平日)
【入 場 料】無料♪
【駐 車 場】無料♪
【住  所】埼玉県飯能市大字阿須893-1
【電話番号】042-972-7711

アクセス
【電車の場合】
西武池袋線 元加治駅より徒歩約20分
西武池袋線 飯能駅・JR線 東飯能駅から約4キロ(徒歩約50分)

【車の場合】
圏央道 狭山日高インターより約20分
圏央道 入間インターより約20分

ムーミンバレーパークとの違い

ムーミンバレーパークはムーミンやキャラクターが出てくる有料のテーマパークです。

しっかりとムーミンの世界が作られた施設で、アトラクションやお土産、レストランなどあります。

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園は、無料の公園なのでムーミンが何かイベントを行ったりすることはありません。ムーミンは絵や展示で少し見られるくらいです。

ムーミンに会いに行きたい場合は、ムーミンバレーパークに行ってみましょう♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園は、子どもから大人まで無料で遊べる癒しの公園です!

子どもが一体何に興味を示すのか、見てみるのも楽しそうです♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました